初心者でも安心のバッテリー交換

普段あまり車をいじらない、全くいじった事が無いという方は、バッテリー交換を整備工場等に頼んでいると思います。
しかしバッテリー交換は想像している以上に簡単に出来ますので、時間とお金の節約と考えて是非チャレンジしてみてください。

まずボンネットを開けてどの位置にバッテリーがあるかを見つけたら、バッテリーの形式を確認しましょう。
例えば「12A34R」のように数字とアルファベットの組み合わせで書かれているのが形式で、先ほどの例の場合、「12」が性能、「A」がサイズ、「34」が長さ、「R」が端子の極性位置を表しています。
とりあえず最初は「この形式を基準にして交換用のバッテリーを買えば良い」と覚えておけば大丈夫です。

作業をする前にゴム手袋を装着し、バッテリーを外す為のレンチを用意します。
まずはバッテリーに付いているマイナス端子を緩めたら、そのまま端子を引き上げて外して安全な位置に置き、続いてプラス端子も同じように作業していきます。
後は新しいバッテリーを古いバッテリーと交換し、金具類と端子をバッテリーが動かなくなるまでキツく締めてください。
最後にバッテリーが動かないかを確認後、エンジンがかかるかを確認して完了です!

古いバッテリーはゴミとして捨てる事はせずに、新しいバッテリーを購入したお店に持っていけば引き取ってもらえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top