貞子ステッカーでハイビーム対策?

夜間のドライブでライトの点灯が義務付けられていますが、ハイビームとロービームの使い分けが下手なドライバーと遭遇してしまうと、対向車や前方の車のドライバーが眩しいと感じてしまうので、そんなハイビームの対処法を紹介いたします。

最近では、ハイビームを後続車に警告するためのアイテムが話題になっていて、この貞子ステッカーを後ろのガラスに貼り付けることで、ハイビームを対処できるのではと期待されています。

その貞子ステッカーにも様々な種類があり、ハイビームのライトが当たった時だけに浮かび上がるようになっているのです。

しかし、この不気味なステッカーを見た後続車のドライバーが驚愕してブレーキを踏んでしまったら、新たな事故の原因になるのではないかとの問題もあるため規制も検討されているのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top