愛車に長く乗るために

やっと手に入れた大切な愛車を長く乗るためには、日頃からどんな対策をしておく必要があるのでしょう。

日本車は性能が良いため壊れにくいと言われていますが、それでもメンテナンスを怠ってしまえば、車を乗り換えるタイミングが早くなってしまうかもしれません。

ある調査によると、自家用乗用車の年間の平均走行距離は10,575kmとのことで、中には10年以上15万キロ以上も車を乗っているという人もいるようですが、日々きっちりとメンテナンスを行うことが大切なのです。

日頃からメンテナンスを行うことで愛着もわきますし、数十万キロの距離を一緒にドライブすることだってできるかもしれません。

若者の車離れが話題になっていますが、国内の販売台数の減少は、愛車を長く大切にする人々が長年愛用していることも影響しているのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top