車のガソリンには違いがあるの?

ガソリンスタンドでは、数種類のガソリンが販売されていますが、ご自身の車に合うガソリンを入れなければ、故障や事故の原因になりますので注意が必要ですよ。

ガソリンは2種類あり、ハイオクガソリンとレギュラーガソリンがありますが、オクタン価が96以上ならハイオクであり、89以下ならレギュラーと言われています。

メーカーによって異なりますが、ガソリンの中には酸化防止剤や洗浄剤、添加剤などが含まれているのだそうです。

ハイオクはノッキングがしにくくて、レギュラーはノッキングがしやすいと言われていて、エンジンを作動させる際の運動に関わっているのです。

ノッキングにより自然発火が起こりやすいのがレギュラーガソリンであり、システムによりノッキングが起こらないよう制御しているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top