車のエンジンオイルってどんな役割があるの?

安全に楽しくドライブを楽しむためには、日頃からの点検やメンテナンスが大切ですが、その中でもエンジンオイルにはどんな役割があるのか知っていますか?

エンジンオイルには5つの役割があり、潤滑や密封、冷却や洗浄、防錆を行うことで、安全に運転ができるのです。

潤滑は金属をスムーズに動かすために必要であり、密封は空気の圧縮を効率よく行うために必要ですが、圧縮を行うためにはオイルの粘度が高い方がより効果が上がるのだそうです。

冷却は金属の熱を吸収することで、エンジン内部の熱の上昇を防ぐことができますし、洗浄ではオイル自体に洗浄効果が低いため、添加剤が含まれているオイルを選ぶのがオススメですよ。

普段から暖気運転をしない場合には、圧縮の関係でオイルの交換時期は早い方が良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top