内気循環と外気導入で注意すべきこととは

車のエアコンには、内気循環と外気導入という機能が備わっていますが、これから寒くなり、エアコンを使用する機会が増えてくると思われますので、それらの機能を使用するときの注意点をご紹介いたします。

長時間の運転により、長時間車内にいるときに、内気循環を作動させていると、車内の二酸化炭素濃度が高くなり眠気を誘うことがありますので、快適にしっかり運転したいと考えているなら普段から外気導入を活用するようにしましょう。

サービスエリアなどで食事をした後に運転するという場合もあるかもしれませんが、空腹状態や食べ過ぎてしまうと眠くなりますので、本格的に眠くなる前に30分程度の休憩を行いましょう。

眠気に負けず、楽しいドライブができるように対策しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top