サンルーフ付きの車は、なぜ減ったのか?

車のサンルーフは開放感があるだけでなく見た目もオシャレですが、近年の国産車では殆ど見かけなくなったのは何故でしょうか?

燃費の面では、サンルーフのガラスは20〜30kgの重さがあると言われていて、重量があるので燃費にも影響しますが、近年の車は燃費の良さが求められているのでサンルーフは避けられているようです。

サンルーフ付きの車は中古で高く売ることができるので、購入時の販売価格も高く設定されていて、安さや燃費の良さが求められている今の風潮とはかけ離れていると言えるのです。

サンルーフは文字通り太陽が直接差し込むため夏は暑いですし、冬には車内の熱がサンルーフから逃げやすいので寒いと言われています。

サンルーフの枠は開閉するためにゴムで作られていますが、劣化しやすいため雨漏れの心配も考えられるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top