電気自動車、バッテリーを長持ちさせてドライブを楽しむ

車に備わっているリチウムイオンバッテリーを長持ちさせて、愛車でドライブを楽しむには日常での管理として充電回数ではなく、放電深度で管理する必要があり、100〜50%の範囲内で使用することが大切です。

バッテリーの残量が50%以下になったら充電する習慣づけをして、普段の使用で残量が40%以下にならないよう気をつけて乗りましょう。

また、バッテリーが40%以下の状態で何日も放置することのないよう注意し、バッテリーが過放電状態になっていると、劣化が早まってしまうと認識しておきましょう。

高速道路を走行する際には温度を管理する必要があり、温度セグメントが8度以下にならないよう注意しましょう。

充電回数は劣化とは関係なく、高温や過放電がバッテリーの劣化に影響すると理解してエコドライブを楽しみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top