とっても危険なブラックアイスバーンとは

寒くなり、日本海側や北の地方では雪が降り積もっている地域もあるとのことですが、移動に車が必要な場合には、走行に充分注意する必要があります。

特に気をつけなければいけないのは、「ブラックアイスバーン」であり、一見路面が黒く凍っていないように見えますが、実際には氷の幕が薄く張り付いていますので、滑りやすい状態になっています。

雨に濡れた路面は通常の路面よりも季節を問わず注意は必要ですが、圧雪路面を走行する場合にはスタッドレスタイヤを付けて注意しながら走行し、氷盤路面では、滑りやすくて制動距離も伸びてしまいますので余裕を持ってブレーキをかけましょう。

ブラックアイスバーンでは、アスファルトが見えるため、油断してしまうと大幅に滑ってしまいますから慎重に運転することが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top