車のタイヤのヒゲ、その役割とは?

車の新しいタイヤはよく見るとヒゲが付いていますが、どんな理由があるのでしょうか?

タイヤはゴム製ですが、構造は複雑で複数の原料やパーツが組み合わさっているのです。

タイヤのヒゲはスピューと呼ばれていて、製造過程で付いてしまうため品質に問題はなく、タイヤの金型には空気を抜くための穴が空いていますが、金型から取り出す時にヒゲとして飛び出てくるのです。

このヒゲは車だけでなく自転車のタイヤにも出る物であり、走行しているうちに自然と取れてしまうのでセルフで取り除く必要はありません。

むしろセルフで取り除く時にタイヤ自体を傷つけてしまう事が考えられますので、ヒゲ部分が不恰好だと思っても、あまり気にせず走行するのがオススメですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top