交換した方が良い車のパーツとは?

大切な愛車を10年以上乗っていたり、走行距離が10万キロ以上を超えたという方は多いかもしれません。

昔と比べれば車の性能は向上していますが経年とともに劣化していく物ですから、安心安全のためにも交換した方が良いパーツについてご紹介いたします。

タイミングベルトはゴム製で劣化しやすく、走行距離が多くなったら交換した方が良いので、走行距離が10万キロを超えたなら交換を検討しましょう。

オルタネーターはメーカーや日頃の車の扱い方によって寿命が異なりますが、電装系のアクセサリを多用していたり、走行距離が8万キロを超えたら交換を検討しましょう。

ウォーターポンプは冷却水の循環に必要ですが、劣化しやすいパーツですから定期的に点検して交換しましょう。

素人が交換するのは難しいですから、気になる方は整備工場で相談してみると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top